こんにちは。

 

苫米地式コーチング認定コーチの大西です。

 

今日は何やら胡散臭い名称がが並んでいると思われたかもしれません。

 

確かにあまり聞きなれない言葉ですよね。

 

ですが、実はどちらもとても意味のある心理学用語なのです。これは普段から私たちがあらゆる人とコミュニケーションをとる上で、是非とも知っておいてもらいたいものです。

 

まず、ピグマリオン効果とはどのような効果なのかというところから述べていきましょう。

 

ピグマリオン効果は1964年にアメリカの教育心理学者であるロバート・ローゼンタールによって提唱されました。

 

“人間は期待をかけられた通りの結果を出そうとする傾向がある”というものです。

 

そもそもピグマリオンとはギリシャ神話に出てくる王で、自分が造った女性の彫刻のあまりの美しさに恋をしてしまい、幾日も幾日もその彫刻と結ばれることを願ったところ、神が哀れに思い命を授けてその願いを叶えたというお話から来ています。

 

この効果を日常で例えるならば、上司に「君の決断力の高さとズバ抜けた実行力には上層部がとても期待しているから是非とも頑張ってくれ!」と言われたとしましょう。そうすると、期待に応えるべくとても高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

 

これは仕事のみならず、スポーツや勉強、健康、遊びなどあらゆる面において言える事で、良い期待をかけてあげることでその人(人々)のパフォーマンスを飛躍的に上げてあげる事が出来ます。

 

ちなみに、これをコーチング的に解説するならば、“期待されたことが当人にとってのセルフイメージになる”ということです。

 

セルフイメージに対してコンフォート・ゾーン(安定して高いパフォーマンスを発揮できる領域)が構築されますから、必然と高いパフォーマンスを発揮出来る様になるのですね。

 

ただ、過度な期待をしすぎると、その人にとって「~しなければならない(have to)」になってしまいます。こうなると、マインドは現状のコンフォート・ゾーンに留まりたくて仕方なくなります。ですから、やたらめったらプレッシャーばかりをかけ過ぎるというのは本末転倒です。

 

次に、ゴーレム効果について説明していきますね。

 

これはピグマリオン効果とは全く逆の効果で、他人に対して悪い印象を持って接してしまうために、その人の本来の良い部分が薄れていき、次第に悪い面が強くなってくることを言います。

 

こちらはギリシャ神話ではなく、ユダヤ教の伝承に登場する意思の無い泥人形からきています。造った主人の命令のみをただただ忠実に実行していく存在です。

 

「君にもうちょっと率先力があったらねえ。」とか「やっぱり、大事なところでドジるよね~。」とか「やっても出来ないんだから、余計なことはするな!」と言われたら、あなたはどうでしょう?気持ちがヘコんで、本当にその様になってしまいますよね。

 

だからこそ、ゴーレム効果には十分に注意してもらいたいと思います。自分が他人に対して使わない事はもちろんですが、他人からそのように接することをされても決して受け入れないようにして下さい。

 

“ダメな自分”というセルフイメージを築き上げてしまう事になり、とことんエフィカシー(自己の能力に対する肯定感)を下げてしまいますから。

 

この様に、日常生活の中で多くの人とコミュニケーションをとる私たちにとってピグマリオン効果とゴーレム効果を理解しておくことはとても大事な事です。

 

特に、個々の存在というものは関係性によって定義されるものですから、相手に対してどういう関係性を持つかによって存在の在り方を大きく変えてしまうという点はしっかりと押さえておいて頂きたいところです。

 

今、もしあなたが権威的な立場にある人ならば、部下や生徒、子供に対する影響力は計り知れないものがあります。それを心に留めた上で、ピグマリオン効果を相手に合わせて使う様にして下さい。そして、周囲に有益な関係性を築き上げる様にしていって欲しいと思います。

20dd0142d3df7e9e63512dadbc30f8a9_s