こんにちは。

 

苫米地式コーチング認定コーチの大西です。

 

もうじき4月ですね。

 

学生さんだと受験や春休みが終わり、社会人だと決算期が終わって、また1つ新しいスタートの月です。新人さんがいっぱい入って来たり、社内の構図が変わったりと、大きく身の回りの環境が変わる月となります。

 

私は会社を辞めてしまったので3月、4月のバタバタは一応無いのですが、皆さんの気持ちはよくわかります。大変ですよね。

 

しかし、物事をマイナスの側面ばかりで考えてはいけないですね。全てのものに陰と陽がある様に良い面もあります。

 

実はこの4月という時期は、新しい信念を築き上げるのにもってこいの月なんですよ!

 

それはなぜかと言うと、あらゆるものと新しい関係性を築き上げる事が出来るからなんです。それは人間関係もそうですし、仕事内容にしてもそうです。これまでのコンフォート・ゾーンの中には無かった人だったり、業務というものと向き合うことになります。

 

そうであるが故に最初のうちはストレスを抱えてしまいやすいのですが、その分新しく見えてくるものも多いはずなんです。

 

自分が見えていないものをスコトマ(心理的盲点)ということは皆さんは知っていらっしゃると思うのですが、そのスコトマが大量に外せるんですね。

 

その理由は簡単で、人の脳は誰しもが自分にとって重要な情報を優先的に認識するという重要性評価関数を持っているんですが、新しい人と接点を持つと言うことは、自分とは似ても似つかない重要性評価関数を持つ人と場を共有するという事になるからです。

 

それは即ち、お互いに見えているものや、事が全く異なるという事です。

 

であるが故に最初は共有し得ない部分が多くストレスになるんですが、裏を返せば違ったものの見方や価値観、考え方というものに気づかされるチャンスでもあるわけですね。

 

この新しいチャンスを拒むか取り入れるかでこれからの自分に見える世界というのは大きく違ってきます。

 

自分のコンフォートゾーンにこもって新しいものを認めないでいたら今まで通りの自分が続いていくだけですし、逆に勇気を持って新しく見えるものを取り入れて自分のコンフォートゾーンを広げていけば自分の重要性評価関数も変わりますから認識出来るものや考え方や価値観も変わっていきます。

 

まさに新しい信念を作れるのです。新しい自分に生まれ変われるのです。

 

いかがですか。

 

この様に年度始めは信念をダイナミックに書き換える良いチャンスなのです。

 

どちらを選択するかは人それぞれですが、変化のある1年にしていきたいと思っている人は、この4月を機に多くの新しいものに触れ、たくさん吸収してみてはいかがでしょうか。