こんにちは。

 

苫米地式コーチング認定コーチの大西です。

 

皆さんは、普段の生活の中で場違いなことはしていますか?

 

ほとんどの人はしていないでしょう。

 

私がなぜこの様な質問をしたかというと、実は場違いなことをする事であなたの人生を大きく変える可能性があるからです。

 

根拠のない嘘を言うな!と思われるでしょうが、まあ聞いて下さい。

 

どの様な人でも過去に「空気を読んで行動しなさい!」とか、身の丈をわきまえろ!」とか出来ない事を無理にやろうとするな!」なんてことを言われた経験はありますよね。

 

親、友人、先輩、上司など、様々な立場の人に言われた事があるのではないでしょうか。

 

もしかしたら、いつの間にかあなた自身も身の回りの誰かに同じ様な事を言った事があるかもしれません。

 

ですが、これはとてももったいない事なのです。

 

それはなぜかと言うと、身の丈にあった生き方、場をわきまえた生き方と言うのはコーチングの観点からするとコンフォート・ゾーンからはみ出さずに生きなさい。」という事だからです。

 

つまりはずっと現状維持のまま変わらずに生きなさいねと言われているのと一緒です。

 

皆さんは果たしてその様な人生で納得できますか?

 

ずっと同じ給料で、ずっと同じ作業をこなし、ずっと同じ車に乗り、ずっと同じ様な物を食べ、ずっと同じ人間関係の中で生きて行く。

 

さすがそれは嫌ですよね。

 

何にも変わらないのなら何のために日々努力をしているんだ!?と憤りさえ出てきますよね。

 

だからこそ、あなたの信念にとって、場違いなことをやりましょう。

 

やり方自体はとても簡単なんですよ。

 

スーツ出社なのなら、高級スーツ店いつもの3倍の高さのスーツを新調して会社に着ていく。

 

いつも、コーヒーチェーン店でブレンドコーヒーを飲んでいるのなら、高級ホテルのラウンジでアフタヌーンティーセットを飲みに行ってみる。

 

トヨタのプリウスに乗っているのなら高級車の試乗会に行ってベンツに乗ってみる。

 

出張でいつもビジネスホテルに泊まっているのなら、高級ホテルのスイートルームを予約してみる。

 

AKB48が大好きな人はYAZAWAのLIVEに行ってみる。

 

どうですか?

 

場違い感満載でしょうか?

 

でも、1度試してみるといいです。

 

「所詮こんなもんか、思ったほど大したことじゃなかったな」と思えるかもしれませんし、「今まで場違いだと思って避けていたけど、これを当たり前にしたい!」と思えるかもしれません。

 

どう思うかはあなた次第ですが、どちらにしろ自分のコンフォート・ゾーンを出ないことには始まらないという事です。

 

つまりは、変わるためにはコンフォート・ゾーンを出ないといけないし、その為にも場違いなことをしてみる必要があるのです。

一番良いのは、コーチング理論に則って、コンフォート・ゾーンをアファメーションやビジュアライゼーションでずらしてから行ったほうが抵抗感なく確実に変わっていけるのですが、まずは一度試しになじみのないところへ自分を持っていってみましょう。

 

面白いほどに見える景色が変わりますよ。

 

その結果、新しい夢や目標が見つかる事だって往々にしてありえます。

 

自分の可能性を広げる為にもほんの少しだけ勇気を振り絞って、楽しみながら場違いなことをしてみてはいかがでしょうか