こんにちは。

 

今シーズン後にソフトバンクを退団した松坂大輔投手が2000万円の破格の条件で複数球団に移籍打診を行っていることが明らかになりました。

 

かつて、甲子園の決勝でノーヒットノーラン、WBCでMVP、そしてレッドソックスで12億円だったスーパースターがプライドをかなぐり捨てて復活を目指しています。

 

ソフトバンクからはコーチ兼任で復活を目指してはどうかと残留のオファーを貰っていたようですが、あくまで選手一本にこだわりたいという事で退団となった様ですね。

 

 

(マインドを扱う)コーチの私の目から見れば、松坂投手が(技術指導としての)コーチという立場に立ってみる事で、RASがキャッチするものが変わって新しい気づきがあったり、スコトマ(盲点)が外れて良いきっかけになるのでは!?とも思いましたが、本人が選手にこだわりたいと言うのですからそちらを応援したいと思います。

 

きっと、私たちには解らないトップ選手ならではの気持ちの持ちようががあるのでしょう。

 

それはそれで悪いことではありませんから、とことん選手の道を貫いて頂きたいと思います。

 

ちなみに松坂投手が2000万円もの破格の値段で日本球界の複数球団に打診を出したというニュースを見た時、彼は真のアスリートだと思いました。

 

お金ではなく、純粋に野球を続けたいがために自らセールスにまわり、かつ破格の提示をしているからです。

 

これはまさしくプライドを捨てた行為です。

 

プライドというとアスリートにはなくてはならないものというイメージがありますが、未来のゴールから見てそれを阻む要素のあるプライドは果たして必要でしょうか。

 

過去の実績によって積み重ねて来たプライドは、あくまで過去のものです。

 

大事なのは、未来と未来に働きかける今をどう選択していくかなのです。

 

アスリートのマインドに大事なのはあくまでエフィカシー(自己の能力に対する肯定感)です。

 

松坂選手は、エフィカシーさえ下げなければ必ず復活出来ます。

 

そして、彼が復活する事によって、野球ファン、スポーツファン、ひいては日本中の頑張っている人たちにどれほどの勇気と希望が与えられることか。

 

是非とも今後の松坂選手の復活への道のりを見守っていきたいと思います。