こんにちは。

 

苫米地式コーチング認定コーチの大西です。

 

今日は失敗について述べていきます。

 

失敗は誰しもがしたくないと思っていることの1つだと思います。

 

そりゃそうですよね。上手くいくに越した事はありませんよね。むしろ完璧な日々を送れるとしたら、もう既に世界中の人々が幸せになっていてもおかしくありません。大小の差こそあれ、失敗は全ての人が経験しうることです。

 

そんな失敗ですが、そもそもなぜ人は“失敗したくない!”と思うのでしょうか。

 

やり直さなくてはいけないから。
先輩や上司に怒られるから。
周りから冷ややかな目で見られるから。
周囲の期待を裏切ることになるから。
皆の前で恥をかくことになるから。

 

こんな感じですかね。

 

確かに、その気持ちよくわかります。失敗はネガティブなイメージしか出てきませんもんね。そして実際に失敗しようものなら、プライドがズタズタにされてエフィカシー(自己の能力に対する肯定感)まで下げてしまいかねません。

 

私たちが大きなことや新しいことに挑戦することになった時、決まって言い訳が出てきたり何かとそれを回避しようとするのは無意識がこういったことから自らを守ろうとするからです。ちなみに、この様に言い訳をして失敗を回避しようとするマインドの働きをクリエイティブ・アボイダンス(創造的回避)と言います。

eery-1648250_640

私も恥ずかしながらクリエイティブ・アボイダンスを何度も何度も経験しています。中には覚悟を決めて挑戦したこともありますし、情けなくも逃げてしまったこともあります。

 

逃げてさえしまえば、失敗することはありませんからマインドを傷つけることはありません。そういう意味では、失敗をしたくなければあらゆることに挑戦しなければいいということでしょう。

 

でも、本当にそんな人生で満足できるでしょうか?自分の殻に閉じこもり続けるということは、ずっと現状を維持していくということです。悪くもならなければ良くもならないということです。

 

これはこれでちょっと寂しいですよね。良くなるに越した事はないですから。

 

それにしても、なぜ人は失敗ばかりを案じ、成功するかもしれないということを強く考えないのでしょうか?上手くいった時のことを考えてウキウキ、ワクワク、ドキドキしたっていいわけですよね。

 

でもそうは考えられないということは、そのように考えられる人との間にちょっとした違いがあるからなのです。

 

それはどういう違いかというと、失敗を恐れずに挑戦出来る人というのは、「ゴール設定」がきちんと出来ているということです。

 

もう少し細かく言うならば、自分のコンフォート・ゾーンから外れる様なことをしなければならなくなったとしても、既にもうそれを達成しているかの様に臨場感高くイメージすることが出来ているということです。

 

脳は高い臨場感を伴ったイメージを現実化させようという働きがあります。

 

ですから、このゴール設定がきちんと出来ていることによって、現状の自分からゴール側の自分へとコンフォート・ゾーンが移行し(現実には達成されていない)ゴールを達成したいという強いモチベーションが生まれます。こうなると、失敗することが怖いだとか不安だなどと言っている場合ではなく、とにもかくにもゴールを達成したくて仕方なくなります。

 

もちろん、失敗をしてしまうことはありますが、ゴールが設定された上で起こりうる失敗は、もはやいちプロセスに過ぎず、なんら問題になりません。

 

どうですか。実は、ほんのこれだけの差でしかないのです。

 

エジソン、キュリー夫人、J・K・ローリング、ヘンリー・フォード、スティーブン・ジョブズ、井深大…  これらの偉大な成功者たちは、数えきれないほどの失敗を繰り返し、夢を成し遂げました。

 

どんな歴史的勝者であっても、御多分に洩れず失敗を経験しています。

 

ですから、ゴールを設定した上で挑戦することをしてみて下さい。img_0609

 

 

失敗など恐れるに足りないということを実感出来ることでしょう。