こんにちは。

 

苫米地式コーチング認定コーチの大西です。

 

今日は、夢や目標を達成する上で注意しておきたいポイントを述べていきたいと思います。

 

まず、いきなり質問ですが、夢や目標実現させる上で必要なものは何でしょう。

 

コーチング的には、俗に以下の様なことを押さえましょうと言われますよね。

 

・心からやりたいことである。
・臨場感を持ってイメージする。
・エフィカシーを上げる。
・確信する。
etc…

 

どれも、非常に大事なことです。セルフコーチングをされている方は、ちゃんと実行している方も多いと思います。しかし、それでも上手くいかない場合というのなぜなのでしょう。

 

実は、夢や目標を実現するための“想像力”が足りていない可能性があります。

human-723581_1920

 

人は、「これくらい出来る」と思えば実際に出来てしまうし、「無理かもしれない」と思うことは実現させることが出来ません。即ち、“想像力の限界がその人の限界”なのです。

 

いやいや、ちゃんと正しくアファメーションはやっているし、しっかりとビジュアライゼーションもやっているよと反論したくなるかもしれません。(※アファメーションもビジュアライゼーションも目標達成するためのテクニックです。)

 

それでも夢や目標が叶っていない以上は、想像力が足りないのです。

 

では、なんで想像力が足りないのでしょうか。

 

それは、我々人間が、物理空間に囚われ過ぎてしまっているからなのです。物理空間には、様々な法則がありますし、限界があります。

 

例えば、人間がチーターの様に100mを5秒台で走るのは無理だと思いませんか。

人生が80年だとして、およそ3万日の間に全ての日本人と会うのも無理だと思いませんか。

自分が生きているうちに、火星に引っ越して家族とのんびり暮らしているなんて想像出来ませんよね。

 

どうでしょう。

 

物理空間においてはどう考えても無理ですね。無意識はそんなこと百も承知です。

 

人は、物理的に考えて不可能であると思われるものは考えすらしないものです。という事は、今のあなたの叶っていない夢や目標に対する想像力は、かなり物理空間の制約を受けている可能性があるという事ですね。

 

結局は、

 

100mを10秒前半で走るぞ。

友達20人出来たらいいな。

将来は自然豊かな田舎で暮らす。

 

といったところに落ち着いてしまいやすいですよね。悪い夢や目標では一切ないのですが、脳が現状の自分の延長線上で達成できると思ってしまったら、あまり大きなエネルギーが湧き出ることはありません。

 

であれば、いっそのこと物理空間の法則を外してしまえばいいのです。

 

どうすればいいかというと、情報空間(想像)で外すのです。

 

情報空間でなら100Mでボルトに勝つことだって出来ますよね。

100人どころか1000人でも友達を作ることが出来ます。

1泊500万円の超一流ホテルに何年も暮らすことだって出来ます。

 

このように情報空間に制限はないのです。大事なのは物理的に想定しうるゴールにするのではなくて、多少、物理空間の制約を越えてでもぶっ飛んだゴールを思い描くことです。

 

とは言いつつも、物理空間における物理法則は無視出来ないので、あまりにも度が過ぎたものは実現しませんが、ここで私が言いたいのは、ゴールが達成されるための圧倒的なエネルギー量というのはぶっ飛んでいるくらい馬鹿でかくなければ、たくさんは出ないということなのです。

 

だからこそ、是非とも、自分自身がビビッてしまうくらいの想像をしてみて下さい。

 

 すべての人には無限大の可能性がありますから、確信を持って想像する事が出来れば、否が応にも圧倒的なエネルギーが湧き出てきてあなたをゴールの世界へと突き動かしてくれる原動力となるのです。img_0636

 

最後にもう一度述べておきます。

 

“想像力の限界がその人の限界”なのです。