こんにちは。

 

イチロー選手が古巣シアトル・マリナーズに復帰するというニュースが入ってきました!

 

野球ファンだけでなく、多くのスポーツファンがイチロー選手のメジャーでの契約を待ち望んでいたのではないでしょうか。

 

今年もまたイチロー選手の世界最多安打更新のマイルストーンをみられるかと思うと、今からとても楽しみでなりませんね。(※日米合算の安打数です)

 

そんなイチロー選手ですが、最低でも50歳までは現役でプレーをするという目標は多くの方がご存知だと思います。

 

凄いですよね。

 

世界最高峰のメジャーリーグでですよ。

 

ちなみに、2017年のあるインタビューでイチロー選手が年齢による衰えを感じないのかと聞かれた時に、

 

「そうであって欲しい人が多いという解釈ですよね。僕にも同じように衰えていって欲しいんだなって。これから僕の絶頂期が来るってどうして考えられないんだろう」

 

と答えていた事がありました。

 

解説するまでもありませんが、自身が44歳にしてなお更なる飛躍を遂げる事に強い確信を抱いていますね。

 

なんというエフィカシーの高さでしょうか。

 

“年齢が増すことは衰退すること”というスポーツ界における常識を己が活躍する事で覆してみせんとするとてつもなく大きな心意気が感じられますよね。

 

実はこの様にノットノーマルな考え方や生き方をする事はとても大事です。

 

なぜなら、所詮常識というものは他人が決めたもの。

 

自分のアスリートとしての夢や目標を常識の範囲内に収めてしまっていては、それまでのゴールしか達成する事が出来ません。

 

ですから、イチロー選手の様にノットノーマルなゴール、そしてノットノーマルな思考をする事はとても大事なのです。

 

もちろん、コーチングの視点から見てもノットノーマルなゴールを掲げる事は、“ゴールから逆算した現在あるべき自分”と“本来の自分”に大きなギャップが生まれ認知的不協和が大きくなりますから、よりゴールへ向かわんとするエネルギーが湧き出る事になります。

 

前人未到の領域を突き進むイチロー選手は、この先もベースボールの常識を覆す事をしていくでしょうし、覆した更にその先へと目標を定めている事でしょう。

 

是非、みなさんもイチロー選手の様にノットノーマルなゴール、ノットノーマルな思考をする様にしていきましょう!